お金がない!やばいときの対処法は?借りられない場合の対策も紹介

急な出費でお金がない。お金がないときの対処法

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム様など)から委託を受け広告収益を得て運営しております。 なお、掲載するサービス及び掲載位置に広告収益が影響を与える可能性はありますが、サービスの評価や内容等は当サイトが独自に記載しています。

お金がない理由や悩みの内容は人によってさまざまです。
「手元にお金がないので助けてほしい!」という緊急度の高い人もいれば、「お金がなく生活が苦しい…」という長期的な対処が必要な人もいます。

こうした状況を乗り切るためには、ケース別に最適な対処法を知っておくことが大切です

お金がないときの対処法

お金がすぐに必要なら… 消費者金融でお金を借りる
・所持しているクレジットカードのキャッシングを利用する
知人や友人からお金を借りる
お金を借りるのが不安なら… ・不用品を売ったり質屋に預けたりしてお金を作る
・給料の前借りをする
・アルバイトや副業でお金を稼ぐ
借り入れたり働いたりできないなら… 国の公的支援制度を利用する
借金があり返済に困っているなら… ・弁護士など法律の専門家に相談して債務整理(任意整理)を行う

この記事では、ケース別にお金がない場合の対処法について、詳しく解説していきます。

お金がない状態から抜け出し、節約術も取り入れながら、お金に困らない生活環境を作っていきましょう。

この記事を読んでわかること

  • お金がないときには「お金を借りる」「お金を作る・稼ぐ」「国の公的支援制度を利用する」などの対処法がある
  • すぐにお金が必要な場合は、消費者金融のカードローンかクレジットカードのキャッシングがおすすめ
  • 借り入れが不安なら不用品を売ったり、アルバイトや副業でお金を稼いだりする手段もある
  • 「借りられない」「働けない」場合には、公的支援制度の利用を検討しよう

目次

お金がないときの対処法は大きく分けて3種類

さまざまな事情によって、「とにかくお金がない」という状況は、誰にでも起こりうるもの。

お金がないときの対処法は、ケースによって大きく以下の3つに分けられます。

状況 対処法 用意できる目安の額
お金がすぐに必要な場合 お金を借りる 〜50万円程度
お金を借りるのは不安な場合 お金を作る・稼ぐ 数万円〜数十万円程度
借りるのも働くのも難しい場合 公的支援制度を利用する 〜20万円程度

それぞれの場合において、具体的にどのような方法があるか見ていきましょう。

お金がすぐに必要なら…お金を借りる

複数の消費者金融の看板

今すぐにお金が必要な場合は、消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシングで「お金を借りる」という選択肢がおすすめです。

消費者金融のカードローンは、銀行カードローンに比べ金利は少し高めですが、申込から最短30分で融資ができるなど、融資までの時間が短く済む可能性がある点がメリットです。

また、もしすでに所持しているクレジットカードにキャッシング枠が設定されていれば、提携のATMですぐにキャッシングができる場合もあります。

お金を借り入れるのが不安なら…お金を自力で作る・稼ぐ

求人情報誌の画像

今すぐお金が必要だけど、消費者金融やクレジットカードでの借り入れが不安という人や、それほど急ぎではないけれどもお金が必要という人は、自力でお金を作る方法を考えるべきです。

手元にある不用品を売ったり、即日払いのバイトをしたりすればすぐにお金が手に入るでしょう。
急ぎでない場合は、副業やアルバイトなどをして収入を安定させるという選択肢もあります。

借り入れたり自力で稼いだりできない場合には…公的支援制度を受ける

中野区社会福祉会館の外観写真

もし、働けない、借り入れができないなどの事情で経済的に苦しい場合には、公的支援制度を受けることを考えてみてはいかがでしょうか。

特に新型コロナウイルスの流行以降、コロナを理由に休業・失業した人々には支援制度が用意されているので、各自治体の制度を確認してみましょう。

では、ここからは、「お金を借りる」「お金を作る・稼ぐ」「公的支援制度を利用する」のそれぞれの方法について具体的に解説していきます。

今すぐお金が必要ならカードローンやクレカでお金を借りるのがおすすめ

お金がすぐに必要な場合は、消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングで即日融資を受けることを考えてみましょう。

ここでは、お金を即日で借りる方法に絞ってご紹介します。

消費者金融のカードローンは即日融資も可能

複数の消費者金融の外観写真

消費者金融のカードローンであれば、その多くが「即日融資も可能」と明言しています。

銀行のカードローンに比べて金利は高めとなるものの、審査にかかる時間は短いため、早く融資してもらえる可能性が高いです。

最短即日融資に対応している大手消費者金融カードローン比較

消費者金融

プロミスのバナープロミス アイフルのバナーアイフル レイクロゴレイク SMBCモビット|WEB完結で10秒簡易審査結果表示SMBCモビット
金利 4.5%~17.8% 3.0%~18.0% 4.5%~18.0% 3.0%~18.0%
限度額 1万円~500万円 1万円~800万円 1万円~500万円 1万円~800万円
融資時間 最短3分 最短18分 Web申込で最短25分※2 最短即日(Web申込)
無利息期間 最大30日間 最大30日間 お借入額のうち5万円までなら180日間無利息 なし
在籍確認の電話※3 原則なし 原則なし 原則なし 原則なし

公式
HP

申込 申込 申込 申込

※1:申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合あり。
※2:21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。また、審査結果によってはWebでのご契約手続きが行えない場合があります。
※3:審査結果によっては電話確認が必要な場合あり
※4:会社によって適用条件は異なる

初回の借り入れの場合、金利はほとんどのケースで上限金利が適用されるため、一番低いプロミスでも年17.8%で、ほかは年18.0%とほとんど差はないといえます。

ただし、適用金利は借入額や審査の結果によっても変わる可能性がありますので、借り入れる前に各社に問い合わせてみるとよいでしょう。

金利のほか、家族や職場へのバレにくさや無利息期間など、重視するポイントによっておすすめの消費者金融は変わります。

おもな重視ポイントとおすすめの消費者金融は以下のとおりです。

・家族や勤務先にバレずにお金を借りたい
→原則在籍確認の電話連絡がなくバレにくいアイフルプロミス、WEB完結なら電話連絡なしSMBCモビット

・できるだけ長く無利息で借り入れたい
→5万円まで最大で180日間無利息サービスがあるレイク

・女性のオペレーターに対応してほしい(女性向け)
→女性専用ローンがあるアイフルプロミス

消費者金融によって特徴があるので、自分の目的に合った消費者金融のカードローンを選ぶようにしましょう。

キャッシング可能なクレジットカードがあればすぐに借り入れできる

お金とクレジットカードの画像

キャッシング枠を設定しているクレジットカードをすでに持っていれば、限度額内なら審査不要ですぐにATMなどで借り入れできます

金利は以下の表のようにカードローンと同程度となっています。

おもなクレジットカードのキャッシング金利例

三井住友カード
楽天カード
エポスカード
年15.0〜18.0%
年18.0%
年18.0%
出典:三井住友カード公式サイト「キャッシングリボ(借り入れ)
出典:楽天カード公式サイト「キャッシング
出典:エポス公式サイト「エポスのキャッシングなら安心!

消費者金融からの借り入れが不安という人は、クレジットカードでのキャッシングがおすすめです。

即日融資も可能な場合が多いので、まずは手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が設定されているかどうかを確認してみましょう。

契約内容がわからない場合は、カードの裏面に書いてある問い合わせ先の電話番号にかけるとカード会社の人が教えてくれます。

金融機関の利用を避けたい人は身内や知り合いに借りることも視野に

お金を手渡ししている画像

消費者金融の利用やクレジットカードでのキャッシングも難しい場合は、親や友人など、周囲の人からお金を借りるという方法も。

ていねいに、誠実に話をする必要はありますが、これまでしっかりとした信頼関係ができていれば、状況を理解して貸してくれる可能性はあるでしょう。

ただし、もし約束を守れなかったときには、それまで築いてきた信頼関係を壊してしまうリスクもあります。

相手が親や友達だったとしても、お金を借りるときには必ず「借用書」を作り、約束を守って返済するようにしましょう。

お金を借りるのが不安なら…自力でお金を作る方法

お金を借りるのに不安がある人は、自力でお金を作るという選択肢もあります。

具体的にどんな方法があるのかこれから詳しく解説していきます。

メルカリやリサイクルショップで手元にある不用品を売る

様々なリサイクルショップの看板写真

お金がすぐ必要なら、手元にある不要品をリサイクルショップやメルカリで売ることも検討してはいかがでしょうか。

家の中を見回してみると、意外に「全然使っていないけれど価値のあるもの」や「もう今は使っていないけれどほかの人にはまだ充分に使えそうなもの」などがあるかもしれません。

読み終わった、または買ったけれど今は興味がなくなってしまった本、数回着ただけの洋服や、大きくなって着られなくなった子供服も探せばあるでしょう。

どこに売ればよいか迷ったら、以下の基準を参考にしてください。

早く売りたい場合 街の中古ショップ(ブックオフ、ゲオ、セカンドストリートなど)
高く売りたい場合 ネットの売買サービス(メルカリヤフオク!など)

中古ショップでは、店に品物を持ち込むとその場で査定をしてお金に換えてくれるので、今すぐお金が必要な場合にはちょうどいいでしょう。

一方で、メルカリなどのネットの売買サービスは自分で価格をつけて出品できるので、その品物を必要としている人がいればある程度高値で売れる可能性があります。

写真を上手く撮ること、説明文をていねいに書くことで売れやすくなりますが、あまり高い値段をつけると見向きもされません。そのため、同じような商品の過去の取引履歴や現在出回っている相場を確認したうえで、値段を設定するように心がけましょう。

メルカリで売れやすいのは、特に下記の商品です。

  • 洋服
  • アクセサリー
  • 引出物、食器
  • ベビー用品
  • 本、参考書、漫画
  • ゲーム機、ゲームソフト
  • スマホ、タブレットなど電子機器
  • CDやDVD

メルカリでは初心者でも始めやすいように、出品方法や売れるコツ、梱包・発送方法などを教えてくれる対面またはオンラインのセミナーを開いています。

メルカリステーションの画像

また、メルカリステーションといって、店頭でメルカリの始め方から発送までを手伝ってもらえる店舗も存在します。

初めての売買に不安がある場合は、こうしたサービスを利用してみるのもよいでしょう。

使っていないものを質屋に預けてお金を借りる

質屋の看板画像

「売るのは少々ハードルが高い」という人は質屋の利用を検討してみましょう。

ブランド品や高級時計、貴金属を持っている場合は、質屋に預けるとお金を借りられます

質屋は、消費者金融や銀行などと違って、個人に対する審査が一切ない特徴があります。

たとえ無職の人だったとしても、持ち込む商品に高い価値があればお金を借りられるのです。

ただし、質屋はリサイクルショップと違い、高額な物品を査定して売却する業者のため、低額で取引されるものなどは取り扱われていないので注意しましょう。

預けた商品は期日までに返済すれば自分の元に戻ってきますが、それができない場合には「質流れ」となって所有権が質屋に移ってしまうので、大切なものを預ける際には注意が必要です。

給料の前借り(前払い)を利用する

給与明細の画像

もし職場が給料の前借り(前払い)を認めていれば、それを利用するのも一つの方法です。

労働基準法第25条では、「労働者が出産、疾病、災害その他厚生労働省令で定める非常の場合」の費用に充てるために、既に働いた分の給料の支払いを認めています。

出産や病気などの理由で急きょお金が必要になった場合、前払い制度が利用できるか会社に相談してみましょう。

給料の前払い以外にも、会社からお金を借りる「従業員貸付制度」を導入している会社もあります。

比較的低金利で借り入れできる場合が多いので、自分が所属する会社にこのような制度がないかを確認してみるとよいでしょう。

アルバイトや副業でお金を稼ぐ

状況によってすぐにとはいかないかもしれませんが、本業のほかにアルバイトや副業などをして収入を安定させる方法も選択肢の一つです。

お金を借りた場合は必ず返さないといけないので、一時的に手元にお金は入りますが、節約するなどして返済資金を作る必要があるため生活は苦しくなってしまいます。

一方、働いてお金を稼げば返済する必要がないため、収入が増えて生活水準を保ちやすいでしょう。

即日払いが可能な仕事には下記のようなものがあります。

  • イベントなどの軽作業
  • 倉庫内作業
  • 警備員や交通誘導
  • データ入力
  • 引越し
  • 解体
  • ポスティング

日雇いの仕事は肉体労働系が多いイメージがあると思いますが、最近はパソコンを使ったデータ入力の仕事などもあります。

急いでいる場合は、アルバイトに応募する前に「即日払いかどうか」確認することが大切です。

すぐにお金がほしいのに、給料の支払いが1週間後、1ヶ月後だった場合は意味がなくなってしまうからです。

なお、短期のバイトを探すには下記のようなアルバイト募集サイトやスーパーや駅などにあるフリーペーパーを利用してみましょう。

  • タウンワーク
  • フロムエーナビ
  • バイトル

また、外で働くのは難しいという場合は、下記のようなポイントサイトなどを利用してコツコツお金を稼ぐ方法もあります。

大きなお金を稼ぐのは難しいですが、主婦などの忙しい人でも無理なく家でできるのは魅力です。

それぞれのポイントサイトには特徴があり、各案件のポイント数や案件の多さにも違いがあるので、自分に合った方法を取り入れてもいいでしょう。

ポイントサイト名
サイトの特徴
モッピー ・国内最大手のポイントサイト
(会員数1000万人突破)
・ポイントの交換先が多い(約50種)
・JALマイル・ANAマイルへの還元率が高い
ハピタス ・運営実績13年・会員数350万人
・ポイントに有効期限がない
(ただし12ヶ月ログインしないとアカウント自体が失効)
・ページが見やすく、使いやすい
ECナビ ・東証プライム上場グループ会社が運営
・一部Amazonでの買い物でポイントが還元される
・アンケートサイトのリサーチパネルでポイントが貯まる
ポイントインカム ・案件によってポイントが貯まりやすい「曜日イベント」がある
・一度上がった会員ステータスが下がらない
・業界最高水準のポイント還元率
ニフティポイントクラブ ・ポイント期限が実質なし(ただし、1年以内のポイント獲得履歴は必要)
・毎日抽選で1名に1,000P当たる
・ポイント交換が手数料無料

お金がなくて生活が苦しい…経済的に不安な人は公的支援制度の利用を

借り入れや働くことができず生活苦に陥っているのであれば、公的な機関の支援制度を利用するべきです。

コロナの影響で失業してしまったなどの事情がある人のための救済制度もあります。

これから代表的な公的支援制度について詳しく解説していきます。

生活再生の相談から貸付まで行う生活サポート基金

生活サポート基金は、生活再建の相談やお金の貸付などを受け付けているため、借金や生活苦で困っている状況であれば利用してみましょう。

生活サポート基金は、営利目的の一般企業ではなく一般社団法人で運営されています。

さまざまな事情で生活が困難になってしまった人の相談に乗り、融資を行うことによって、相談者がもとの生活に戻れる支援をしているのです。

生活サポート基金では、おもに5つの事業を行なっています。

生活サポート基金の主な5つの事業内容

  • 生活再生のための生活相談事業
  • 生活再生資金の貸付事業(生活再生ローン)
  • 「個人再生ファンド」の運営事業
  • 東京都多重債務者生活再生事業
  • 研修・セミナー事業

ただし、生活再生ローンは誰もが利用できるわけではなく、以下に該当する人に限られます。

生活再生ローンの利用対象者

  • 生活再生ローンの利用によって日常生活を再建でき、かつ将来にわたって返済可能な家計の見通しが確認できる人
  • 助け合いの精神に支えられた貸付であることを理解し、生活の再生に向かう意思のある人
  • 現在無職の人は対象外ですが、収入のある家族のなどへの貸付を検討する場合もあり
  • 貸金業法の適用の範囲内

生活再生ローンは利用するにあたって本人の意思が非常に重視されるのが特徴です。「しっかりと生活を立て直したい」という気持ちを相談員に伝えることが大切です。

まずは、電話やWebで「一般社団法人生活サポート基金」に問い合わせしてみましょう。

新型コロナウイルスが原因の困窮なら緊急小口融資や総合支援資金の利用を

コロナ関連で経済的に苦しい場合は、緊急小口融資や総合支援資金などの利用も検討してみましょう。

「緊急小口資金」は、緊急かつ一時的な生活維持のための生活費としてお金を借りたい人に貸し付ける制度です。

緊急小口資金
貸付対象 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、休業等による収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯
貸付上限額 20万円以内
※従来の10万円以内とする取扱を拡大し、下記に該当する世帯は、貸付上限額を20万円以内とします。

・世帯員の中に新型コロナウイルス感染症の罹患者等がいるとき。
・世帯員に要介護者がいるとき。
・世帯員が4人以上いるとき。
・世帯員に新型コロナウイルス感染症拡大防止策として、臨時休業した学校等に通う子の世話を行うことが必要となった労働者がいるとき。
・世帯員に風邪症状など新型コロナウイルスに感染した恐れのある、小学校等に通う子の世話を行うことが必要となった労働者がいるとき。
・上記以外で休業等による収入の減少等で生活費用の貸付が必要なとき。
据置期間 1年以内(※)
償還期間 2年以内
貸付利子・連帯保証人 無利子・不要
申込先 市区町村 社会福祉協議会
引用元:厚生労働省「生活福祉資金の特例貸付
※ただし、令和4年12月末日以前に償還が開始となる貸付については、令和4年12月末日まで据置期間を延長

通常、貸付限度額は10万円ですが、新型コロナウイルスの影響で休業・解雇等のために収入が減って生活が苦しくなった場合など一定の条件の人の上限は20万円です。

住まいの市区町村社会福祉協議会で申し込め、申込後おおよそ7~10営業日程度で貸付を受けられます。

総合支援資金は、おもに失業した人向けに生活を立て直すまでの資金を貸し付ける制度です。

総合支援資金
貸付対象 新型コロナウイルスの影響を受けて、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯(※)
貸付上限額 (二人以上世帯)月20万円以内
(単身世帯)月15万円以内
貸付期間:原則3月以内
据置期間 1年以内
償還期間 10年以内
貸付利子・連帯保証人 無利子・不要
申込先 市区町村 社会福祉協議会
引用元:厚生労働省「生活福祉資金の特例貸付
※新型コロナウイルスの影響で収入の減少があれば、失業状態になくても対象

上限額は2人以上の世帯で月20万円以内、単身世帯で月15万円以内、原則3ヶ月まで借り入れることができます。

通常、連帯保証人を立てる場合は無利子、連帯保証人を立てない場合の貸付利子は年1.5%となっていますが、新型コロナウイルスの影響を受けた人に対する特別措置では、無利子かつ保証人も不要です。

総合支援資金も緊急小口資金と同様に、住まいの市区町村社会福祉協議会で申し込めます。市区町村にもよりますが、最短だと、社会福祉協議会に書類が届いてからおおよそ3週間〜1ヶ月程度で貸付を受けられます。

転職や再就職で職業訓練を受けるなら求職者支援資金融資の利用を

新宿公共職業安定所の看板画像

求職者支援資金融資は、再就職や転職を希望する人を支援する「求職者支援制度」の一環として設けられています。

求職者支援資金融資
貸付対象 職業訓練受講給付金の支給決定を受けた方
ハローワークで求職者支援資金融資要件確認書の交付を受けた方
貸付上限額 月額5万円もしくは月額10万円 × 職業訓練の受講予定月数
据置期間 訓練終了月(就職などにより訓練を途中で辞めた場合は、その日が属する月)の3ヶ月後 の末日まで
償還期間 5年以内
貸付利子・連帯保証人 無利子・不要(※)
申込先 ハローワーク
引用元:厚生労働省「求職者支援制度のご案内
※ただし、労働金庫が指定する信用保証機関の利用が条件

基本的に、求職中の人が国の職業訓練制度を利用することで、毎月10万円の「職業訓練受講給付金」がもらえます。

「求職者支援資金融資」はこの訓練受講手当を受給しても、訓練受講中の生活費が不足してしまう場合に融資を受けることができます。

カードローンなどと比べて金利が低いうえ、借入当初は利息分の返済だけで済むため、求職中の人に心強い融資制度となっています。

ただし、ろうきんの口座が必要な点や、申込から実際にお金が振り込まれるまで1週間~1ヶ月程度かかる点には注意が必要です。

働けないなどの理由でお金を稼ぐのが困難な人は生活保護も

生活保護の手引きのパンフレット画像

お金を稼ぐのが難しく、世帯収入が一定の基準を下回っているようであれば生活保護の利用も視野に入れてみましょう。

生活保護とは、「全ての国民が健康で文化的な生活が送れるように」と、最低限の生活保障と自立を助けることを目的に制定された制度です。

基本的に対象となるのは「日本国民」ですが、永住者などで在留資格を持ち、日本に滞在し納税している外国人の場合は、人道上の理由などから生活保護法が準用されます。

ただし、申請すれば誰でも受給できるわけではなく、厳密な審査に通過した場合に限られます。

生活保護の受給するための条件は以下の通りです。

生活保護の受給条件

  1. 収入が厚生労働省の基準が下回っている
  2. 家族に働ける人がいるなら、生活保護は認められない
  3. 持ち家や車など活用できる資産を所有していない
  4. 働いて収入を得ることができない
  5. 国の制度を利用しても生活が難しい
  6. 親族などからの支援が受けられない

生活保護は「生活扶助」「住宅扶助」「教育扶助」「医療扶助」「介護扶助」「出産扶助」「生業扶助」「葬祭扶助」の8つの扶助で最低限の保障を揃えています。

生活保護としてもらえる金額は、厚生労働大臣が定める基準で計算される最低生活費から収入を引いた金額です。

なお、生活保護を受けた後は、1ヶ月に1回、あるいは2〜3ヶ月に1回という頻度でケースワーカーが自宅に訪れ、生活状況をチェックする訪問調査が行われます。

また、マイカーやブランド品や高価な貴金属を持てなくなるなどの制限があり、当然贅沢はできません。

嘘をついたり、誤魔化したりすると生活保護が打ち切りになってしまう可能性もあります。

本当に生活を立て直すために必要である場合は、身動きが取れなくなる前に住んでいる地域を所管する福祉事務所の生活保護担当に相談してみましょう。

借金の返済に追われお金がないなら借金救済制度の債務整理も検討しよう

もし借金に追われていてお金がないという場合には、弁護士に依頼し、任意整理など債務整理も検討したほうがよいでしょう。

債務整理とは、生活を立て直すために借金の減額・免除・猶予などを合法的な手段で行う方法で、おもに「任意整理」「個人再生」「自己破産」があります。

ここでは「任意整理」について詳しく解説していきます。

任意整理は原則として借金の将来利息をカットする方法

任意整理とは、債務者(借りた側)が債権者(貸した側)と直接交渉をして、和解を成立させることで借金を無理なく返済できるようにする債務整理の手続きの一つです。

これから払う利息(将来利息)を減額またはカットした上で、原則3〜5年程度での分割返済することが多くなっています。

利息が増えやすいカードローンの返済やクレジットカードのリボ払いの返済が滞ってしまったという人に向いている方法です。

債務整理には、任意整理のほかに、個人再生や自己破産があります。

それぞれの特徴は以下のとおりです。

  • 個人再生
    裁判所を通して借金(住宅ローンを除く)の5分の1~10分の1程度に減額できる可能性のある手続き
  • 自己破産
    借金をしている人が「自分の財産や収入では借金を返済することが不可能である」と裁判所に認めてもらい、一部を除き全ての借金を免除してもらう手続き

債務整理を考えている場合は弁護士事務所や法テラスへ相談を

借金が増えすぎてしまって、債務整理を検討する場合は、無料相談可能な弁護士事務所や、公的機関の法テラスなどの利用を検討してみましょう。

債務整理のうち、任意整理は、裁判所を通さずに債権者(貸した側)と直接交渉し、利息のカットなどをしてもらう方法ですが、交渉は弁護士など専門家に依頼できるので、自分に知識がなくても大丈夫です。

法テラス(日本司法支援センター)は国が設けた公的機関で、弁護士などに無料で相談できる制度があります。

また、日本クレジットカウンセリング協会日本貸金業協会、ほか一部の弁護士事務所では無料相談を受け付けていますので、借金で困ったときにはまずは相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

参考:弁護士法人・響「債務整理とは?4種類のメリット・デメリットや費用を弁護士が解説

お金がない状況から抜け出したい!お金を貯める節約術

これまで、すぐにお金を用意する方法をみてきましたが、もし常にお金がない状況が続いているとしたら、状況を好転させるために、お金がない理由を確認し対処法を見つけるべきでしょう。

基本的には、日々のコストを見直して節約をすることが大切です。

お金を貯めるためにどのように家計を見直せばよいか、詳しく解説してきます。

固定費を見直す

家計の支出のうち、毎月一定額を支払う必要がある「固定費」(家賃、水道光熱費、通信費、生命保険料など)を見直し、一部節約することで、毎月の出費を抑えられる可能性があります。

水道光熱費や通信費(スマホ代)については、価格の安いプランが多数登場しているので、固定費の中でも節約しやすいです。

現在契約しているプランと比較し、同等のサービスを受けられるのなら安いプランに乗り換えるのも一つの方法です。

これを機に、本当は必要のないサービスを契約していないかを見直すのもいいかもしれません。

なお、通信費(スマホ代)については、スマホのキャリアそのものを見直すことで、支出を大幅に削減できる可能性があるのでよく検討してみましょう。

流動費を見直す

固定費の後は、流動費も見直してみましょう。

食費、交際費、娯楽費などの流動費は、先に使える金額を決めておき、その中から工面することで使いすぎを防げます。

また、外食が多い場合などは家での食事を心がけるだけでも節約になる可能性があります。

服などは、親族や友人から譲り受けるという手もあるでしょう。

パチンコや競馬などのギャンブルによる浪費をやめる

大前提として、ギャンブルによる浪費はやめるべきです。

あるとき、たまたま勝つこともあるかもしれないですが、ギャンブルは運営者が儲かる仕組みになっているので、勝ち続けることは難しいのです。

したがって、お金がなくて困ったとしても、ギャンブルで稼いで取り返そうとするのはやめましょう。

「ギャンブル依存症」になって抜け出せずに苦しむ人も中にはいます。

もしその傾向がある場合は、早めに専門家に相談して対策しましょう

以下の消費者庁のサイトに載っている「消費者ホットライン」などに連絡すると相談に乗ってくれます。

この記事のまとめ

お金がないときの対処法として、大きく分けて「お金を借りる」「お金を作る・稼ぐ」「公的支援制度を利用する」の3つがあります。

お金がすぐに必要な場合は、即日融資も可能な消費者金融のカードローンや、既に持っているクレジットカードのキャッシング枠の利用がおすすめです。

お金を借りることに不安を感じる場合は、家にある不用品をリサイクルショップやメルカリなどで売ったり、即日払いの短期アルバイトをしたりしてお金を稼ぐ方法も考えられます。

さまざまな事情で働けない、あるいはお金を借りることが難しいようなら、公的支援制度を利用するのも選択肢のひとつです。

なお、すでに借り入れをして返済に困っている場合には、無料で相談可能な弁護士事務所や法テラスなどを利用し、債務整理の検討をしましょう。

もし常にお金がない状況が続いているようであれば、家計を見直してお金がない理由を確認し、ムダな支出を削減するように心がけることが大切です。

監修者 監修者

中村 美香

ファイナンシャルプランナー(AFP認定者)

中村 美香

大手銀行に入行し、在職中に2級FP技能士およびAFPを取得。結婚退職後、社会保険労務士試験に合格し、有資格者となる。現在はファイナンシャルプランナーの知識・知見を活かし、カードローンや債務整理などマネー関連の記事を執筆している。
【保有資格】
社会保険労務士一般社団法人日本ほめる達人協会 認定講師一般社団法人HAT 認定子育てハッピーアドバイザー