キャッシングのおすすめ業者を目的別に比較!即日や低金利で借りられる方法を紹介

おすすめのキャッシングは何?キャッシング会社の選び方も紹介!

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、事業者(アコム様など)から委託を受け広告収益を得て運営しております。 なお、掲載するサービス及び掲載位置に広告収益が影響を与える可能性はありますが、サービスの評価や内容等は当サイトが独自に記載しています。

キャッシングはクレジットカードのキャッシング機能だけではありません。消費者金融、銀行のカードローンもキャッシングの一種なのです。

今すぐお金が欲しい」「金利を抑えたい」など、状況に応じてこれらを適切に選ぶことが重要です。

この記事を読んでわかること

  • 即日で借りたいなら消費者金融低金利にこだわるなら銀行のカードローン
  • 消費者金融なら総合力にすぐれるアコムがおすすめ
  • クレカを選ぶなら海外でも使えるACマスターカードや楽天カードがおすすめ

目次

キャッシング会社は自分の状況に合わせて慎重に選ぼう

まずは大きくキャッシングの種類と、キャッシング会社の選び方について解説していきます。
キャッシングを利用するうえで必須の知識となる重要なポイントです。

キャッシング業者の種類は大きく分けて3種類

キャッシングは大きく分けて「消費者金融のカードローン」「銀行のカードローン」「クレジットカードのキャッシング」の3種類があります。

消費者金融の
カードローン
銀行カードローン クレジットカードの
キャッシング
借入金利(年) 年3.0%~18.0%程度 年1.5%~15.0%程度 年15.0%~18.0%程度
即日融資 可能 不可 可能
(キャッシング契約済の場合)
借入限度額 800万円程度 500〜1000万円程度 100万円程度

これらをどのような基準で選べば良いのでしょうか?まず以下の3つから自分がもっとも重視するポイントを選んでください。

それぞれのポイントでおすすめのキャッシング方法を詳しく紹介していきます。

即日でキャッシングする方法なら即日融資が強みの消費者金融

即日性や融資スピードで選ぶ

できるだけ早くお金を借りたいときには、消費者金融のカードローンをおすすめします。

消費者金融の多くは最短即日融資にも対応していて、最短60分以内に借入ができるキャッシング会社も多いからです。
また、電話による職場への在籍確認なしの会社も多く、利用がバレにくいメリットもあります。

知っておきたいデメリットとしては、銀行カードローンにくらべて若干金利が高めに設定されていること。とにかく今すぐお金が必要!というシーンでないのなら慎重に検討しましょう。

それでは、おすすめの消費者金融5社を紹介します。

消費者金融

プロミスのバナープロミス アコム|最短20分融資アコム アイフルのバナーアイフル レイクロゴレイク SMBCモビット|WEB完結で10秒簡易審査結果表示SMBCモビット
金利 4.5%~17.8% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0% 4.5%~18.0% 3.0%~18.0%
限度額 1~500万円 1~800万円 1~800万円 1~500万円 1~800万円

融資時間

最短3分 最短20分
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
最短18分(*1) Web申込で最短25分(*2) 最短即日(*3)

無利息期間

最大30日間 最大30日間 最大30日間 最大180日間 なし

WEB完結

可能 可能 可能 可能 可能

在籍確認

原則あり 原則なし(※4) 原則あり 原則あり 原則あり

会員特典

あり あり あり あり あり

担保・連帯保証人

不要 不要 不要 不要 不要

遅延利率

20.0%(実質年率) 20.0%(実質年率) 20.0%(実質年率) 20.0%(実質年率) 20.0%(実質年率)

アプリ

あり あり あり あり あり

公式HP

詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る

※1:申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合あり
※2:21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。審査結果によってはWebでのご契約手続きが行えない場合あり。
※3:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がある
※4原則、電話で確認せず、書面や申告内容で確認


アコムはWeb申込で最短20分融資

※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。 アコム|最短20分融資
融資時間 最短20分
※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
Web完結
金利 年3.0%〜18.0% 在籍確認の電話 原則なし(※)
無利息期間 (初回のみ)契約日の翌日から30日間 担保・連帯保証人 不要
限度額 800万円 遅延損害金(年率) 20.0%
アプリ あり
※原則、電話で確認せず、書面や申告内容で確認

アコムのメリット

  • Web申込で最短20分融資可能
    ※お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
  • 最大30日間利息が無料

アコムのデメリット

  • 24時間最短1分で振込ができるのは楽天銀行口座のみ

アコムは、三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融です。知名度が高く、消費者金融の中で最多の利用者数を誇っています。

多くの消費者金融と同じように、Web申込で最短即日融資も可能で、初回利用で最大30日間利息が無料なのは便利です。

急にお金が必要になった場合、インターネットや電話から24時間365日キャッシングの申込ができるのは便利ですが、「24時間最短1分で振込」できるのは楽天銀行口座のみとなっています。

アイフルは最短18分融資可能!コンビニATMでキャッシングも

アイフルのバナー
融資時間 Webで最短18分(※) Web完結
金利 年3.0%〜18.0% 在籍確認の電話 なし
無利息期間 (初回のみ)契約日の翌日から30日間 担保・連帯保証人 不要
限度額 800万円 遅延損害金(年率) 20.0%
アプリ あり
※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます

アイフルのメリット

  • スマホアプリを使えばセブン銀行とローソン銀行のATMでカードなしでキャッシング可能
  • 融資スピード最短18分(Web申込の場合)

アイフルのデメリット

  • 提携ATMで手数料がかかる

アイフルは、大手の消費者金融なので、審査、融資のスピードも早く、Webで申し込んだ場合は最短18分で融資ができて便利です。

※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます

また初回利用の場合、契約日の翌日から30日間利息がかからないのも魅力の一つでしょう。

スマホアプリを入れると、全国のセブン銀行とローソン銀行のATMでカードなしでキャッシングできます。 カードが発行されると、郵送での受け取りが発生しますが、カードなしにすることで、そのやりとりが省略されるため、カードを持ちたくない人にとっては使い勝手がよいでしょう。

アイフルATMは手数料無料で利用できますが、提携ATMは利用時に手数料がかかるので注意しましょう。

SMBCモビットはWeb完結申込で電話連絡・郵便物なし

SMBCモビットの画像
融資時間 最短即日* Web完結
金利 年3.0%~18.0% 在籍確認の電話 WEB完結なら電話連絡なし
無利息期間 なし 担保・連帯保証人 不要
限度額 800万円 遅延損害金(年率) 20.0%
アプリ あり

*申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がある


SMBCモビットのメリット

  • 10秒で簡易審査ができ、最短で即日融資が可能
  • Web申込なら電話連絡と郵便物なしの可能性
  • 三井住友銀行ATMなら借入も返済も手数料無料で利用できる

SMBCモビットのデメリット

  • 無利息期間がない

SMBCモビットは、三井住友カード株式会社が提供するカードローンブランドです。他社にない特徴としては、Web完結申込を利用すれば電話連絡なしにできる点が挙げられます。あわせて自宅への郵送物も省略できます。

ただしWeb完結申込は以下いずれかの口座を持っていることが条件です。

・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行
・みずほ銀行
・ゆうちょ銀行

とはいえ、絶対に連絡が来ないということではなく、審査で確認が必要な場合には電話が来ることもあるので注意が必要です。

さらに10秒で簡易審査の結果がわかり、最短で即日融資も可能なので、すぐにキャッシングがしたい人に向いているでしょう。

プロミス:「瞬フリ」で最短10秒で振込可能

プロミスのバナー
融資時間 最短3分 Web完結
金利 年4.5%〜17.8% 在籍確認の電話 あり
無利息期間 初回借入日の翌日から30日間* 担保・連帯保証人 不要
限度額 500万円 遅延損害金(年率) 20.0%
アプリ あり

*メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要


プロミスのメリット

  • 最短10秒で振込可能(瞬フリ)
  • 申込から借入までWebで完結。最短20分で口座への融資可能
  • プロミスと三井住友銀行のATMではいつでも手数料無料

プロミスのデメリット

  • 専業主婦は借入れできない

プロミスは、SMBCグループの消費者金融です。初めてプロミスで借入れする場合、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要ですが、初回の借入日の翌日から30日間利息がかかりません。

申込手続きがWebで完結し、最短20分で借入れができることや、振込を依頼してから最短10秒で口座に振り込む「瞬フリ」の利用によって、2回目の利用以降もスピーディに融資を受けられるのも魅力です。

提携ATMが多く営業時間も長いので便利ですが、提携ATMのほとんどは、利用する際に手数料がかかるので注意が必要です。

プロミスATMと三井住友ATMでは、借入も返済も手数料はかからないので上手に利用しましょう。

レイクは無利息期間が最長180日間かつ最短即日で借入可能

レイクロゴ
融資時間 Webで最短25分融資も可能(*1) Web完結
金利 年4.5%〜18.0% 在籍確認の電話 あり
無利息期間 契約日の翌日から30or60or180日(*2) 担保・連帯保証人 不要
限度額 500万円 遅延損害金(年率) 20.0%
アプリ あり

*1:21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込可能。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く。審査結果によってはWebでのご契約手続きが行えない場合あり。
*2:契約日の翌日から(初回のみ)①「全額30日間無利息(自動契約機または電話で申し込んだ人、借入金額が200万円超の人)」、②「全額60日間無利息(Web申込限定、借入金額1~200万円の人)」、③「5万円まで180日間無利息(借入金額1~200万円の人、5万円超過分は通常金利適用)」の①~③から選択


レイクのメリット

  • 無利息期間が業界最長の180日間(条件あり)
  • 最短即日融資可能

レイクのデメリット

  • 専業主婦は借入れできない

レイク最大の強みは、選べる無利息サービスがあることです。他社のほとんどが30日であることを考えると大きなポイントといえるでしょう。

30日間無利息
初めて自動契約機または電話で申し込んだ人、借入金額が200万円超の人の選択肢

60日間無利息(初回契約翌日から無利息)
初回にWebで1~200万円の借入を申し込んだ人の選択肢

5万円まで180日間無利息(初回契約翌日から無利息)
初回に1~200万円の借入を申し込んだ人の選択肢
※5万円超分は通常金利適用

レイクは他の消費者金融と同じように、最短で即日融資を受けられますが、21時(日曜日は18時)までに手続きする必要があります。

また専業主婦は借入ができないため、ほかの方法を検討する必要があります。

なお、即日でお金をキャッシングしたい人は、最短即日融資が可能なカードローンについて詳しく解説した記事がありますので、ぜひご覧ください。

消費者金融でキャッシングするなら知っておきたい総量規制の話

消費者金融を利用するにあたって、共通して注意すべき点があります。

それは「総量規制」です。

総量規制とは、年収に対する借入金額の制限で、年収の3分の1を超える借入が原則禁止されるルールのことです。

総量規制の画像

1社だけでなく、すべての貸金業者からの借入の合計が、年収の3分の1以内である必要があります。

たとえば年収300万円の人なら1/3である100万までしか借りられません。
貸金業者A社から80万円をすでに借りている場合は、貸金業者B社、C社からは、合計で20万円までしか借入できないということです。

したがって、消費者金融が設定した上限額が100万円以上だったとしても、本人の希望通りにお金を借りることはできません。

消費者金融でキャッシングを始めるなら、これを把握しておきましょう。

参考:日本貸金業協会「総量規制について
参考:総量規制とは|弁護士法人・響

低金利でキャッシングしたいなら銀行系のローン

三菱UFJ銀行と三井住友銀行の看板

なるべく低い金利でお金を借りたい場合は、銀行カードローンを検討しましょう。アコムやプロミスなどの消費者金融とくらべ、金利が低めに設定されています。

銀行のカードローン 最大年約14.5%程度
消費者金融のカードローン 最大年約18.0%程度

消費者金融にくらべて、融資までに時間がかかるというデメリットはあるものの「今日明日お金が必要というわけでなはい」「スピードよりも低金利重視」という人には有効な選択肢になるでしょう。

大手銀行ということもあり、安心して利用できるという人も多いようです。

ここではおすすめの銀行カードローンを5つ紹介します。

カードローン名

バンクイックバナー三菱UFJ銀行カードローン|バンクイック みずほ銀行カードローン 楽天銀行スーパーローン|楽天会員ランクに応じて審査優遇楽天銀行スーパーローン PayPay銀行カードローンのキャプチャPayPay銀行
借入金利 年1.8%~年14.6% 年2.0%~14.0%※ 年1.9%~14.5% 年1.59%~18.0%
借入限度額 500万円 10万〜800万円(*1) 10万〜800万円 1,000万円

融資時間

最短翌営業日以降 最短当日 最短翌日 最短翌日以降

無利息期間

なし なし なし 初回借入日から30日間無料

WEB完結

可能* 可能 可能 可能

在籍確認

あり あり あり あり

会員特典

記載なし 記載なし あり 記載なし

担保・連帯保証人

不要 不要 不要(※3) 不要

遅延利率

適用利率と同率 19.9% 19.9% 20.0%

アプリ

あり あり あり あり

公式HP

申込 申込 申込 申込
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。 *申込みまで
*1:利用限度額によって借入金利は変更されます
※3:楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社 ※ただし、当行が認めた場合は不要。

楽天銀行スーパーローン:楽天会員ランクに応じて審査に優遇(※)がある

※必ずしもすべての楽天会員さまが審査の優遇をうけられるとは限りません。

楽天銀行スーパーローン|楽天会員ランクに応じて審査優遇
融資時間 最短翌日 Web完結
金利 年1.9%〜14.5% 在籍確認の電話 あり
無利息期間 なし 担保・連帯保証人 不要
限度額 10万〜800万円 遅延損害金(年率) 19.9%
アプリ あり

楽天銀行スーパーローンのメリット

  • 下限金利も上限金利も低いので少額の借入もしやすい
  • 提携しているコンビニのATMの利用手数料が無料(※1)
  • 楽天ランクに応じて審査に優遇がある(※2)

※2:必ずしもすべての楽天会員さまが審査の優遇をうけられるとは限りません。

※2:例外あり

楽天銀行スーパーローンのデメリット

  • 即日融資はできない
  • インターネットでしか申し込めない

楽天銀行スーパーローンは、楽天会員だと、会員のランクによって審査の優遇が受けられるのが大きな特徴です。(必ず優遇が受けられるわけではありません。)

楽天に取引をまとめればまとめるほどお得なカードローンとなっていますが、実店舗がなく、インターネットでしか申し込めないので、ネットに慣れている人のほうが使いやすいでしょう。

コンビニにある提携ATMが無料なのも魅力ですが、提携ATMの中には有料のものもあるので注意しましょう。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック:メガバンクならではの安心感と低金利

バンクイックバナー
融資時間 最短翌営業日以降 Web完結 ○(申込まで)
金利 年1.8%~年14.6% 在籍確認の電話 あり
無利息期間 なし 担保・連帯保証人 不要
限度額 500万円 遅延損害金(年率) 適用利率と同率
アプリ あり

バンクイックのメリット

  • 三菱UFJ銀行・提携コンビニATMでの手数料が無料

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、なんといってもメガバンクならではの安心感があります。

消費者金融のように即日融資はできませんが、最短翌営業日以降の融資が可能なので、銀行の中では融資までの時間は短いほうです。

三菱UFJ銀行と、提携コンビニATMでの手数料が無料なのも魅力です。

みずほ銀行カードローンは上限金利が14.0%と低金利

融資時間 最短当日 Web完結
借入金利 年2.0%~14.0%(*) 在籍確認の電話 あり
無利息期間 なし 担保・連帯保証人 不要
借入限度額 10万〜800万円(*1) 遅延損害金(年率) 19.9%
アプリ あり
*みずほ銀行の住宅ローンの利用で、基準金利から0.5%引き下げ
*1:利用限度額によって借入金利は変更されます

みずほ銀行カードローンのメリット

  • 借入上限金利が14.0%と低金利で借入可能
  • 住宅ローンを借りているとカードローンで0.5%借入金利が優遇
  • イーネットATMの時間外手数料が月3回まで無料(みずほマイレージクラブに入っている人が対象)

みずほ銀行カードローンのデメリット

  • 借入に時間がかかる
  • 他行から返済ができない

みずほ銀行カードローンの借入上限金利14.0%は、銀行カードローンの中でもさらに低金利です。ただし、最短翌営業日以降に融資が受けられるとされているものの、比較的借入れに時間がかかるようです。

みずほ銀行の住宅ローンを借りているとさらに0.5%の借入金利優遇が受けられるのも魅力です。

さらにみずほ銀行に口座があれば、Web完結できたり、キャッシュカードにカードローンの機能をまとめられるので、みずほ銀行をメインに使っている人には便利なカードローンでしょう。

PayPay銀行カードローンは銀行にはめずらしく無利息期間あり

PayPay銀行カードローンの画像
融資時間 最短翌日以降 Web完結
金利 年1.59%〜18.0% 在籍確認の電話 あり
無利息期間 初回借入日から30日間無料 担保・連帯保証人 不要
限度額 1,000万円 遅延損害金(年率) 20.0%
アプリ あり

PayPay銀行カードローンのメリット

  • 借入限度額が1000万円までで、下限金利が低い
  • 銀行にはめずらしく無利息サービス(初回借入日から30日間無料)がある

PayPay銀行カードローンのデメリット

  • 上限金利が銀行のカードローンにしては高め
  • カードローンを利用するにはPayPay銀行の口座が必要

PayPay銀行 は、20年前に日本初のインターネット銀行として誕生したジャパンネット銀行が、2021年4月5日に社名を変えて誕生した銀行です。

カードローンを利用するにはPayPay銀行の口座が必要なので、PayPayをよく利用する人は使い勝手がいいでしょう。

消費者金融にはよくある「無利息期間」ですが、銀行のカードローンにはあまりないので初回借入日から30日間無料で借入できることも魅力です。

また、アルバイトでも借入でき、配偶者に安定した継続的な収入があれば専業主婦でも借入できます。

なお、上記のほかにも、低金利なカードローンがありますので、これを機にチェックしてみてはいかがでしょうか。

キャッシングでおすすめのクレジットカード2選

「カードローンをなるべく利用したくない」「手持ちのクレカにキャッシング枠がある」という人はクレジットカードのキャッシング枠を検討しましょう。
メリットとして、銀行やコンビニのATMですぐに借りられる利便性の高さが挙げられます。
一方で、デメリットとしては消費者金融とくらべて金利が高めに設定されていること。

消費者金融
クレカのキャッシング枠
年3.0〜18.0%
年15.0〜18.0%

※あくまで平均的な金利です。


メリットとデメリットを考えて、メリットの方を重視したいのであれば有効な方法といえるでしょう。

ここでは、海外のキャッシングもできるおすすめクレジットカードを2つ紹介します。

ACマスターカードならショッピング利用額の0.25%キャッシュバック

発行までの期間 最短即日 Web完結
金利 年3.00%~18.00%* 在籍確認の電話 原則なし
無利息期間 なし 担保・連帯保証人 不要
限度額 800万円 遅延損害金(年率) 20.0%
アプリ あり 年会費 無料
海外キャッシング 国際ブランド MasterCard

*契約極度額100万円以上の場合、3.00%~15.00%
*ショッピングの利用限度額:10~300万円 実質金利:10.0%~14.6%


ACマスターカードのメリット

  • Web申込後自動契約機で即日カードが受け取れる
  • 利用金額のうち0.25%が自動的に戻ってくる(ショッピングのみ)

ACマスターカードのデメリット

  • 返済方法がリボ払いのみ
  • ポイントがつかない

大手消費者金融アコムが提供している、カードローン機能の付いたクレジットカードです。

ポイントの還元はありませんが、ショッピングでの利用金額のうち0.25%が自動的に戻ってくるのは魅力ですね。

またカードが即日発行されるので、「クレカは申し込んでから手元に届くまで時間がかかる」という悩みが解消できます。

デメリットとしては、返済方法がリボ払いに限られていること。返済期間が長引いて利息を多く払い続けないように注意しましょう。

資金に余裕があれば、繰り上げ返済などを利用して早めの返済を心がけたいですね。

参考:ACマスターカード「公式サイト

楽天カードは楽天ポイントが貯まって国際ブランド選べる

楽天カードのバナー
発行までの期間 約1週間〜10日前後 Web完結
金利 年18.0% 在籍確認の電話 あり
無利息期間 なし 担保・連帯保証人 不要
限度額 90万円* 遅延損害金(年率) 20.0%
アプリ あり 年会費 無料
海外キャッシング 国際ブランド VISA
MasterCard
JCB
American Express

*クレジットカード利用限度額は100万円


楽天カードのメリット

  • 楽天ポイントがたまるので楽天ユーザーにうれしい
  • 海外でもキャッシングできる

楽天カードのデメリット

  • 上限金利が18.0%と消費者金融と同等
  • 専業主婦は借入れできない

楽天カードは、活用するほどポイントの還元率が上がるため、ポイントが貯めやすいクレジットカードです。

国際ブランドが3種から選べて海外でキャッシングもできます。

デメリットとして、収入のない専業主婦や働いていない人にはキャッシング枠は付与されないことが挙げられます。

手持ちの楽天カードにキャッシング枠が付帯していればすぐに借入れできますが、新規でカードを発行する場合は、1週間から10日かかります。

海外でキャッシングをするために契約するなどのニーズのある人は、早めに手続きを済ませましょう。

楽天カードの公式サイト

クレジットカード会社のローンサービスを使いたい人向けのキャッシング

ここまで消費者金融のカードローン、銀行のカードローン、クレジットカードのキャッシング機能と見てきましたが、クレジットカード会社が運営しているカードローンもあるのです。

ショッピング機能がなく、キャッシングの機能のみにしたことで金利が抑えられているといった特徴があります。

一方で総量規制(借入総額が年収の1/3までに制限される仕組み)が適用されるので注意しましょう。

ここではおすすめのサービスを3つ紹介します。

JCB CARD LOAN FAITHは一回払いなら5万円まで年利5.00%

JCBカードローンのバナー
融資期間 最短即日* Web完結
金利 ・リボ払い:年4.40%~12.50%
・一括払い:年5.00%
在籍確認の電話 あり
無利息期間 なし 担保・連帯保証人 不要
限度額 リボ払い:500万円
一括払い:5万円
遅延損害金(年率) なし
アプリ あり 年会費 無料

*Webで申込を完結すれば、最短即日に審査が受けられ、最短即日融資可能。ただし、カードは最短3営業日で届けられる


JCB CARD LOAN FAITHのメリット

  • 5万円以内の一括払いの場合、金利は年5.00%(リボ払いの金利も年4.40%~12.50%)
  • 新規の入会で最大2.5ヶ月分の利息のキャッシュバックが受けられるキャンペーン実施中(※)
※:対象入会期間:2024年4月1日~2024年9月30日

JCB CARD LOAN FAITHのデメリット

  • 個人事業主、学生、パート、アルバイトは借入できない

JCB CARD LOAN FAITHは、JCBカードが発行するキャッシング専用のカードローンです。
5万円以内の1回払いであれば、金利年5.00%と低いので少額の融資を短期間利用したい人に向いています

「キャッシング振り込みサービス」を希望するとカード受け取り(最短3営業日)前に融資を受けられるので、できるだけ早く利用したい人は忘れずに申し出ましょう。さらに急ぎたいなら、Webで申込を完結させれば最短即日審査が完了します。

新規の入会で最大2.5ヶ月分の利息のキャッシュバックが受けられるキャンペーン(対象入会期間:2024年4月1日~2024年9月30日)は魅力です。

MONEY CARDは事業用資金としても利用できる

MONEY CARDの画像
融資時間 約1~2週間 Web完結
金利 年8.0%~17.7% 在籍確認の電話 あり
無利息期間 なし 担保・連帯保証人 不要
限度額 300万円 遅延損害金(年率) 11.68%~20.00%
アプリ あり 年会費 無料

MONEY CARD(マネーカード)のメリット

  • 事業用資金としても使える
  • 新規申込の限度額は100万円までで金利は15.0%

MONEY CARD(マネーカード)のデメリット

  • 審査と融資に時間がかかる

MONEY CARD(マネーカード)は、クレディセゾンのカードローンです。

カードローンは事業用資金として使えない場合が多いのですが、クレディセゾンカードMONEY CARDは事業用資金としても使えるので、個人事業主や自営業の人には使い勝手が良いでしょう。

新規申込の限度額は100万円までと若干低めなものの、金利が15.0%と決まっているので、少額キャッシングしたい人にとっては低金利で借りられるのでおすすめです。

審査スピードは、即日審査とされていますが、別途必要書類の提出が必要などは時間がかかることもあるようです。
またカードも自宅へ郵送のみとなっているので、実際に借入れできるまでには1〜2週間かかる場合も多いと思われます。

三井住友カード カードローンは原則24時間融資可能

三井住友カード カードローンの画像
融資時間 最短5分* Web完結
金利 ・カードタイプ:年1.5%〜15.0%
・振込専用タイプ:年1.5%〜14.4%
在籍確認の電話 あり
無利息期間 なし 担保・連帯保証人 不要
限度額 900万円 遅延損害金(年率) 20.00%
アプリ あり 年会費 無料

*申込の時間帯や審査状況により、発行までに時間がかかる場合がある
*キャンペーンがあるときもある


三井住友カード カードローンのメリット

  • 原則24時間いつでもキャッシングができる
  • 返済実績に応じて適用利率が引き下げられる(翌年度利率を0.3%、最大1.2%引き下げられる)

三井住友カード カードローンのデメリット

  • 全国の銀行・コンビニのATMを利用できるが、手数料がかかる

三井住友カードカードローンには、振込専用タイプとカードタイプがあり、振込専用のほうが金利が低いです。
さらに振込専用は郵送物もなく、カードも送られてこないので、家族にバレずに利用したい人に向いています

ひとつ注意しておきたいポイントとして、三井住友カードカードローンと名称が似ている商品「三井住友銀行 カードローン」があるので利用するときは、正確な名称を確認するようにしましょう。

キャッシング選びについてよくある4つの質問

いろいろなキャッシング会社を紹介してきましたが、自分に合ったキャッシング会社は見つかったでしょうか?
最後に、キャッシング会社選びのポイントや、キャッシングをする際の注意点をQ&A形式でまとめたので参考にしてください。

自分に合ったキャッシング会社の選び方を教えてください

前述しましたが、自分が何を重視しているのかを考えて、それを実現できるキャッシング会社を選ぶことが大切です。キャッシングには大きく分けて3つの種類があるので、まず以下の3つから自分が重視することを選んでください。

キャッシングの選び方

  • 今すぐお金を借りたいなら:即日融資が期待できる消費者金融
  • できるだけ低金利で借りたいなら:金利の低い銀行のカードローン
  • クレカのキャッシング枠を使いたいなら:手持ちのクレカにキャッシング枠があるか確認する、もしくは本記事でおすすめしているクレカを検討

カードローンとクレカのキャッシングの違いはなんですか?

カードローンは、現金の借入れ専用のサービスで、クレジットカードのキャッシングとは、クレジットカードに付帯されたキャッシング枠を使ってお金を借りることです。

クレジットカードのキャッシングのほうがカードローンよりも金利が高く、利用額の限度額は小さくなっています。

手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付帯されている場合は、すぐにATMでお金を借りられます。

ATMお札紙幣

できるだけ金利を低く抑えたい場合や、まとまったお金が必要な場合はカードローンのほうが向いています。
当サイトではおすすめのカードローンもご紹介しています。

希望する借入金の額が小さく、あまり頻繁にキャッシングする予定がない場合は、クレジットカードのキャッシングを利用してもよいでしょう。

また海外でキャッシングしたい人は、海外でキャッシングできるクレジットカードを選びましょう。

審査の甘いキャッシング会社はありますか?

結論からいうと、審査の甘いキャッシング会社はありません。

キャッシング会社は、申込者の信用情報を信用情報機関から取り寄せて、金融事故の情報が登録されていないかを確認し、しっかりと審査をします。

審査の基準を公表している会社はありませんが、どの会社も厳密なルールに基づいて申込者をチェックしているので「甘い厳しい」は存在しないのです。

特に、延滞や債務整理など「金融事故」が確認された場合、カードローンなどの審査に通る可能性は低くなるので注意しましょう。

学生や専業主婦でもキャッシングは利用できますか?

料理をしている人と家計簿を書いている人の写真

キャッシングは「安定して継続的な収入を得ていること」が申込条件なので、学生でも、アルバイトなどで安定した継続的な収入があればを利用できる可能性はあります。

一方の専業主婦は、返済できるお金の収入源がないため、借りることが難しいようです。しかし配偶者に安定して継続的な収入があれば借りられるキャッシング会社もあります。

この記事のまとめ

キャッシング会社はかなりの数が存在するので、自分がキャッシングする上で優先したい点を明確にして選ぶことが大切です。

「金利よりもとにかく融資スピードが大事」「そんなに急いでないから、低金利にこだわりたい」など、人によって要望は様々です。だからこそ自分のニーズを満たせるキャッシングを選ぶことが重要なのです。「なんとなく」で選んではいけません。

それぞれのキャッシング会社の特徴を知って、自分に合った一枚を選びましょう。

監修者 監修者

中村 美香

ファイナンシャルプランナー(AFP認定者)

中村 美香

大手銀行に入行し、在職中に2級FP技能士およびAFPを取得。結婚退職後、社会保険労務士試験に合格し、有資格者となる。現在はファイナンシャルプランナーの知識・知見を活かし、カードローンや債務整理などマネー関連の記事を執筆している。
【保有資格】
社会保険労務士一般社団法人日本ほめる達人協会 認定講師一般社団法人HAT 認定子育てハッピーアドバイザー